arcive
calender result report driver team ranking

09

専有走行レポート 予選上位コメント 第13戦決勝上位コメント 第13戦決勝レポート
第14戦決勝上位コメント 第14戦決勝レポート 第15戦決勝上位コメント 第15戦決勝レポート


全日本F3選手権 第13戦/第14戦予選上位ドライバーコメント

■第13戦 予選ポールポジション/第14戦 予選2番手
宮田莉朋
(カローラ中京 Kuo TOM'S F317/Car No.36/カローラ中京 Kuo TEAM TOM'S/TOYOTA TOM'S TAZ31 )
「ちょっとした不備があって、周りと違うタイミングでアタックすることになりましたが、2セット目のタイヤで出したタイムで最後までトップでいられて、自分が落ち着いて走れていた。そういう意味で成長を示すことはできたかなと思います。チームも、難しい状況下で迅速に作業してくれました。ここは1周が短くコース幅が狭いので、わずかなミスで大きな差になってしまいます。クルマを信頼しないとドライバーも思い切ってアタックできないですが、そういう信頼できるクルマを作ってくれたチームに感謝しています。本来の形でアタックできていれば12秒前半は出せたと思うので残念ですが、ポールポジションが獲れてホッとしています」

■第13戦 予選2番手/第14戦 予選3番手
サッシャ・フェネストラズ
(B-Max Racing with motopark F3/Car No.11/B-Max Racing with motopark/Spiess A41 )
「昨日と比べてマシンのバランスは大きく向上した。トムスとの差も詰まったとは思うけど、まだまだ良くしていかないといけないね。予選セッションはトラブルもトラフィックもなく、うまく走れたと思う。ただセカンドベストタイムのアタックはセクター1で少しミスをしてしまったんだ。もう一度アタックした時にはタイヤのピークが過ぎてしまったので、そこは残念だったね。今日のレースはフロントローからのスタート。スタートでトップに立って、そのままチェッカーを受けたいね」

■第13戦 予選3番手/第14戦 予選ポールポジション
エナム・アーメド
(B-Max Racing with motopark F3/Car No.65/B-Max Racing with motopark/Spiess A41)
「開幕から時間はたってしまいましたが、この期間で自分はすごく成長できたと思っている。その結果ポールポジションを獲れてすごくうれしいし、チームに感謝している。シーズンの最初のころと比べてヨコハマタイヤの理解が進み、ドライビングもそれに合わせるようにトライしてきたけど、それが上手くできた。クルマの調子もすごく良かったから、ダブルポールを獲る自信もあった。ただ最後のアタックでトラフィックにかかってしまって、トップタイムを獲れなかったのは残念。3レース、天気がどうなるかもまだ分からないけど、3レースともいい結果で終われるよう頑張るよ」

■第13戦/第14戦 予選12番手(マスタークラス1位)
DRAGON
(TEAM DRAGON F3/Car No.30/B-Max Racing with motopark/Spiess A41 )
「総合順位で1つ上のマシンに1秒も離されていないので、少しは進歩したかなと思いますが、個人的には14秒台前半にタイムに入れたかったので、そこまで合わせ切れなかったのは残念です。コースの後半の方では雨も結構降っていて、滑ったらいやだなと慎重に行きました。赤旗の原因になるのは避けたいと、ちょっと“置きに行った”ところがジェントルマンドライバーということでしょう。マスタークラスは1人だけですが、決勝は完走を目指して頑張ります」


news

li




gotoback
li