arcive
calender result report driver team ranking

09

専有走行レポート 予選上位コメント 第11戦決勝上位コメント 第11戦決勝レポート
第12戦決勝上位コメント 第12戦決勝レポート    


全日本F3選手権 第11戦/第12戦予選上位ドライバーコメント

■第11戦/第12戦 予選ポールポジション
宮田莉朋
(カローラ中京 Kuo TOM'S F317/Car No.36/カローラ中京 Kuo TEAM TOM'S/TOYOTA TOM'S TAZ31 )
「最後の周のセクター2でベストが出ていたので、もう少しタイムを削れたかもしれません。個人的には悔しいし、ミスしてしまった分はチームに申し訳ないなと感じています。昨日の練習走行ではドライコンディションでテストしきれていなかったので、読めない部分もありましたが、予選で合わせきれたのは良かったです。チームにも感謝しています。ポールポジションをふたつ獲れてホッとしています。決勝でこの位置を維持できるように頑張ります」

■第11戦/第12戦 予選2番手
サッシャ・フェネストラズ
(B-Max Racing with motopark F3/Car No.11/B-Max Racing with motopark/Spiess A41 )
「専有走行で上位にいなくとも、やはりトムス勢はタイムを上げてくるのだなということを改めて感じるセッションだった。2番手という結果にはもちろん満足していない。アタックラップはトラフィックにかからずに走れたし、ほかのセクターでは僕の方がいいタイムだったけれど、ストレートスピードが宮田(莉朋)選手に負けていたので、きっとスリップストリームも使っていたんだろうね。決勝ではいいスタートを切ってトップに立って、早い段階で2〜3秒のギャップを作れれば、いいレースができると思う。頑張るよ」

■第11戦 予選3番手/第12戦 予選4番手
小高一斗
(カローラ中京 Kuo TOM'S F317/Car No.37/カローラ中京 Kuo TEAM TOM'S/TOYOTA TOM'S TAZ31 )
「専有走行が雨だったので、今回に向けて試してみたいと用意してきたことが十分にできない中での予選になってしまいました。予選も、(ニュータイヤの)1セット目で足りないと思った部分を調整して2セット目のアタックに入りましたが、良くなった部分とネガティブな部分と両方が出てしまい、しかもアタック自体も位置どりの問題で自分の思ったような走りができませんでした。富士はほかのコースと比べて決勝レース中も動きが大きくなると思うので、順位を上げられるよう頑張ります」

■第11戦 予選4番手/第12戦 予選3番手
大津弘樹
(ThreeBond F318/Car No.12/THREEBOND RACING/ThreeBond TOMEI TB14F3)
「これまでセッショントップを獲ったことがなかったので、昨日の専有走行をトップで終えられたことは良かったです。ドライコンディションでの調子も良かったので、今日に向けてはすごく狙っていました。スリップストリームもうまく使えて、いいラップにはできたと思うのですが、それでもトップとコンマ5秒差があるのは悔しいですね。でも、富士はスタートポジションから1コーナーまでの距離がありますし、スタートには自信があるのでトップに立てればいいなと思います」

■第11戦/第12戦 予選11番手/予選10番手(マスタークラス1位)
DRAGON
(TEAM DRAGON F3/Car No.30/B-Max Racing with motopark/Spiess A41 )
「昨日の専有走行では、路面が乾いてきてこれからタイムを上げていこうというところでコースアウトして、クルマにダメージを負ってしまいました。チームのみんながきちんと直してくれたので、予選は問題なく走れました。今回はマスタークラスのエントリーが僕だけなので、クラス内での争いというよりも総合で全員と戦うことを楽しんでいきたいですね。もちろん完走しなければいけませんが、目一杯プッシュして、1台でも抜いてレースを戦っていきたいです」


news

li




gotoback
li