arcive
calender result report driver team ranking

09

専有走行レポート 予選上位コメント 第9戦決勝上位コメント 第9戦決勝レポート
第10戦決勝暫定上位コメント 第10戦決勝レポート    


全日本F3選手権 第9戦/第10戦予選上位ドライバーコメント

■第9戦/第10戦 予選ポールポジション
宮田莉朋
(カローラ中京 Kuo TOM'S F317/Car No.36/カローラ中京 Kuo TEAM TOM'S/TOYOTA TOM'S TAZ31 )
「ここ最近、同じ課題で悩んでいて、そこを改善しないと高いレベルで走れないことは感じていました。それをどうやって解決するのかにすごく悩んでいたのですが、今回、チームと考えてきたものがうまく働いたのかなと思っています。最後の数分で雨が降ってきましたが、本当にタイミングが良くてきちんとアタックできたのも良かったです。ホッとしています。周りをあまり気にしすぎずに、まずは自分がしっかりスタートを決めるんだという気持ちで決勝に臨みます」

■第9戦 予選2番手/第10戦 予選3番手
小高一斗
(カローラ中京 Kuo TOM'S F317/Car No.37/カローラ中京 Kuo TEAM TOM'S/TOYOTA TOM'S TAZ31 )
「悔しいです。昨日の練習から悪くない感じできていたのですが、雨が降ってコンディションが変わってしまいました。練習走行で気づいた路面状況の変化を見越してクルマも調整していきましたが、昨日ほどの変化を感じられず、無難なアタックになってしまいました。そんな状態でなぜ2番グリッドを獲れたのか分からないぐらい、良くない予選になってしまいました。今日はチャンスがあるのでスタートを決めて頑張ります」

■第9戦 予選3番手/第10戦 予選7番手
シャルル・ミレッシ
(YTB by Carlin/Car No.7/OIRC team YTB/Spiess A41 )
「この週末、練習走行からクルマの調子はとても良い。実はちょっと腕をケガしていて万全の状態ではないけど、いろいろなことをうまくマネージメントしてここまで走っている。その中で、予選でベストグリッドを手に入れられたのは嬉しい。(2番手の)小高選手と同タイムで、もしかしたらフロントローだったかもしれないと思うとちょっと悔しいけどね。セカンドベストでいいタイムが出せなくて、明日の決勝はグリッド位置が良くないけど、まずは今日のレースに集中して頑張るよ」

■第9戦 予選6番手/第10戦 予選2番手
大湯都史樹
(TODA FIGHTEX/Car No.2/TODA RACING/TODA TR-F301 )
「本来ならば、2セット目の最後のアタックでタイムが上がるはずなんですが、細かいミスもあって上がりしろがまったくなく、そこは悔しいですね。ですが、昨日までの段階と比べたらいい位置につけることができました。それほどいい感触ではなかったので、不思議ではありますが。今日に向けて、うまく気持ちを切り替えて臨めたことが流れを変えたのかなと思います。チームの雰囲気も、この結果で良くなってきています。この流れを変えることなく決勝も頑張ります」

■第9/第10戦 予選11番手(マスタークラス1位)
DRAGON
(TEAM DRAGON F3/Car No.30/B-Max Racing with motopark/Spiess A41 )
「ライバルの山口大陸選手が苦手と感じているSUGOは、僕にとってはどちらかと言えば得意なコースで、若いドライバーたちとの差を詰めることにチャレンジする場所だと思っています。全体でポイントを獲ることが目標なので、そこに近づけるように努力しています。SUGOは赤旗のリスクが大きいですが、今回はそれに加えて天候不順もありました。赤旗が出るまではそれほど影響が出るレベルではなかったですが、最後の3分ぐらいはもうタイムが上がらないだろうというぐらいの雨になったので、2セット目は1回しかアタックできなかったです。決勝は、雨雲レーダーで見ると土砂降りだそうなので、ウェットレースになることも覚悟していきたいと思います」


news

li




gotoback
li