arcive
calender result report driver team ranking

09

専有走行レポート 予選上位コメント 第3戦決勝上位コメント 第3戦決勝レポート
第4戦決勝上位コメント 第4戦決勝レポート 第5戦決勝上位コメント 第5戦決勝レポート
フォトギャラリー      


全日本F3選手権 第3戦決勝上位ドライバーコメント

■第3戦 優勝
サッシャ・フェネストラズ
(B-Max Racing with motopark F3/Car No.11/B-Max Racing with motopark/Spiess A41)
「2勝目を挙げられてうれしく思っている。チームが素晴らしい仕事をしてくれたおかげだ。コースインの時のコンディションを考えるとSCスタートはいいチョイスだったと思うが、タイヤの状況をキープしたり、後ろとのギャップをコントロールしたりというのは少し大変だった。この週末で一番重要なのは予選だと思っていたので、まずはそこで目指していた結果が出せたことはとても良かった。明日の2レースもこの調子でいいパフォーマンスを見せたいね」

■ 第3戦 2位
大湯都史樹
(TODA FIGHTEX/Car No.2/TODA RACING/TODA TR-F301)
「今シーズン初表彰台は素直にうれしいですが、周りとの差を考えると喜んでばかりもいられないですね。スタートを狙っていたので、SCスタートになったことは個人的には残念でした。でも、タイヤが温まり切っていない状態の序盤も前についていけたし、レースを通してやれることはやれたと思います。明日は今日よりも上を目指して頑張ります。2番手というのはチャンスのあるポジションです。スタートですべてが決まるわけではありませんが、そこで決めて、自分がやるべきことをしっかりやっていきたいです」

■第3戦 3位
エナム・アーメド
(B-Max Racing with motopark F3/Car No.65/B-Max Racing with motopark/Spiess A41)
「前に2台いる状態では、やはり水煙がひどく、視界をキープするのがきつかったね。これではオーバーテイクは難しかった。サッシャに近づこうと頑張って、最終的にはベストラップ差がコンマ5秒ぐらいの所だったから、それなりに速さはあったと思う。チャンピオンシップを考えるとポイントを獲ることが重要なので、3位を獲れたことは良かった。明日はできれば、スタンディングスタートでレースを戦いたいね」

■第3戦 Master Class 優勝
山口大陸
(タイロクレーシング28号/Car No.28/TAIROKU RACING/Spiess A41)
「周りもそうだと思うのですが、SCスタートだったのでなかなかタイヤが温まらず、僕の場合は3周ぐらいかかってしまいました。そこからは安定して走れましたが、最後は雨量が増えたことで滑ってしまい、後ろに詰められてしまいましたね。ただ順位をキープできたのは良かったです。開幕戦からステップバイステップでここまで来れています。明日も、ウェットでもドライになっても一歩一歩進んでいければと思います」


news

li




gotoback
li