arcive
calender result report driver team ranking

09

専有走行レポート 予選上位コメント 第3戦決勝上位コメント 第3戦決勝レポート
第4戦決勝上位コメント 第4戦決勝レポート 第5戦決勝上位コメント 第5戦決勝レポート
フォトギャラリー      


全日本F3選手権 第3戦/第4戦予選上位ドライバーコメント

■第3戦/第4戦 予選ポールポジション
サッシャ・フェネストラズ
(B-Max Racing with motopark F3/Car No.11/B-Max Racing with motopark/Spiess A41)
「3レース中2レースのポールポジションを獲れたことはすごくハッピーだ。セッションが進むにつれて路面の状況もだんだん乾いてきたので、それに対応していくのは難しかったね。毎ラップ風向きも変わって苦労した。雨のレースはミスをしやすくなるので、ミスすることなくこのポジションをキープしてゴールできるよう、決勝レースも頑張るよ」

■第3戦/第4戦 予選2番手
大湯 都史樹
(TODA FIGHTEX/Car No.2/TODA RACING/TODA TR-F301)
「チームは作戦面やマシンの状態に関して最大限のことをして送り出してくれました。いい予選だったとは思いますが、僕自身がまとめ切れず、ああすればよかったと思う点がいくつかあるので、そこは反省点です。決勝はまたコンディションが変わると思うので、その中でもなんとかトップをとれるように頑張ります。先日の鈴鹿ではエナム選手のスタートが抜群に良かったので気を付けたいですね。悪くてもポジションキープ、できれば一番前に立ってレースを進めたいです」

■第3戦/第4戦 予選3番手
エナム・アーメド
(B-Max Racing with motopark F3/Car No.65/B-Max Racing with motopark/Spiess A41)
「いいタイムを出そうとマキシマムでプッシュしたけど、タイヤがうまく機能せずいいアタックができなかった。その点は残念だけど、F3で予選3位はここまでのベストグリッドだから、いい予選にはなったかなと思う。オートポリスは初めて走るけど、すごくいいサーキットだね!午後のレースはどんなコンディションになるか分からないけど、いい戦いをしたいね」

■第3戦/第4戦 予選11番手(マスタークラス1位)
山口大陸
(タイロクレーシング28号/Car No.28/TAIROKU RACING/Spiess A41)
「今回はセクター3を重視してマシンのセットアップや走り方を考えてきました。予選も、途中でクールダウンのラップを入れるか、それとも立て続けにアタックするかの戦術が分かれてくると思うんですが、タイヤの温まりのことを考えて、当初の予定を変えて連続アタックにしました。終盤にタイムを上げられなかったのは残念ですが、戦術としては良かったですね。午後のコンディションは読めませんが、ドライバーとして集中してレースに臨みたいと思います」


news

li




gotoback
li